で、結局years oldとyear-oldのどちらが正解なのか。

文法

years old vs year-old

突然ですが、years oldとyear-oldの違いはお分かりでしょうか?

実はこれ、両方とも普通に使用されています。

predicative adjectiveと、attributive adjectiveというものがそれです。

このpredicative adjectiveと、attributive adjective、日本語で何て言うのかは分かりません。

以下英語で進めますね。

違いは、

attributive adjectiveは「名詞の前」に使用されるもの。

predicative adjectiveは述語的に「文末」に使用されるもの。

であることです。

詳しく見てきましょう。

名詞の前に付くタイプの形容詞 “attributive adjective”

例えば「屋内プール」を英語では以下のように言いますよね。

indoor swimming pools

ですがThe pool was indoor とは言いませんね。

つまりここでの”indoor”は名詞の前に付くタイプの形容詞である、ということになります。

ということはattributive adjectiveですね。

述語的に用いられる形容詞 “predicative adjective”

一方で。

My son was afraid
My son felt afraid

とは言えるのですが、

an afraid boy

とは言わないですね。

そもそも感覚的になんとなく違和感を感じる方も多いと思います。

この”afraid”は文末に付くpredicative adjectiveと呼ばれるもう一つのタイプの形容詞となります。

ほかにもこんなものがある

他の例も列挙してみました。

「生きている蛇 / その蛇は生きている。」と言いたい場合、以下は正しい表現です。

  • a live snake
  • The snake was alive.

逆にすると正しくなくなります。

  • an alive snake
  • The snake was live.

liveは名詞に付き、aliveは述語として使われる典型的な例です。

解説以前に、たぶん感覚的に解るのではないかと思います。

で結局 “years old” なのか “year-old” なのか

件の”years old” vs “year-old”もこれらに当てはまります。

述語的に使う場合は “He is 5 years old” または”He is five years old”が正解ですね。

で、この場合の”years old”はpredicative adjectiveとなる。

また、名詞に付けて表現する場合は、”The 5 year-old boy” または”The five-year-old boy”も正解です。

この場合はattributive adjectiveですね。

名詞の前につく場合、数字を含んでも複数形の”s”がつきません。

というわけで、どう使うかで形が決まるのですが、どちらも正解なのですね。

注意:逆の使用はできません。

ほかにも数字と用いるケースは以下ですね。

3 bed room flat (3LDKの物件)

2 week holiday (2週間の休暇)

3 wheel car (3輪自動車)

などが挙げられる。

間違っても

3 bed rooms flat

2 weeks holiday

3 wheels car

とは言わないので注意が必要です。

覚えておきましょう~。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました