Just another WordPress site

fudge

未分類

ボールペン、ベビーカーにナイーブ。正しくはこう!な英単語

投稿日:

意外と、英語にすると全然違う単語というものがある。

例えば、エネルギッシュ。

英語で書くとenergeticとなる。読みはイナジュティック。無理やりだが。

例えばアレルギー。

英語で書くとallergy。発音はアッレジー、アレジーが近いだろうか。

また、ボールペンもball pen とは言わない。これは和製英語で正しくはball point penが正しい。

マニキュアはどうだろう。

英語ではnail polishとなり、マニキュアとはカンケーない単語が登場する。

ワンピースはどうか?

漫画のほうではなく、女子が好んで着るスカートのほうのつなぎだ。

これはdressという。ワンピースは和製英語、つまり日本語なのだ。

ベビーカーは英語では何というのか?

buggy, stroller, pushchairなどという。

pushchairというと車いす臭がするが、違う。

車いすはwheel chairである。

コンセントもいいネタだ。

consentは英語では同意という意味で、日本のコンセントとは別物だ。

ご存知の方も多いと思うが、日本のコンセントに相当するものはplug, outlet, socketという。

風邪をひいてdrugstoreに行っても

Can i have a drug for cold?などと言ってはいけない。

薬全般はmedicine, またはmedical supplyと言っておこう。

drugは気持ちよく、いやまんまドラッグそのもの指す。これだけは日本語とシンクロしているので覚えやすいはずだ。

ナイーブ、という単語。

naive と書く。

これも、繊細そうなイメージを持つ方も多いと思うが実際は、半人前とか世間知らず、といったネガティブなイメージで使われる。

決して誉め言葉と勘違いして使わないように。

あるボディーシャンプーを見るたび…いやゴホゴホ何でもない。

繊細と言いたい場合は、sensitiveと言っておけばよい。

 

出来れば失敗する前に、これくらいは覚えておくと痛い人にならないで済むかもしれない。

-未分類

Copyright© fudge , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.