ボールペン、ベビーカーにナイーブ。正しくはこう!な英単語

注意すべき和製英語

意外と、英語にすると全然違う単語というものがあります。

例えば、

  • エネルギッシュ

英語で書くとenergeticとなります。

英語でエネルギッシュ、というスペルはないんですね。

また、

  • アレルギー

英語で書くとallergyとなります。名残はありそうですが、

発音はアッレジー、アレジーと少し違います。無理やりのカナ表記ですが。

そして、

  • ボールペン

これもball pen とは言わないんですね。

正しくはball point penといいます。

では

  • マニキュア

これも英語ではnail polishとなり、マニキュアとは全くカンケーない単語が使用されています。

  • ワンピース

はどうでしょうか。

大人気の漫画のタイトルのほうではなく、女子が好んで着るスカートのツナギのことですが、

これはdressと言うんですね。

ワンピースは和製英語、つまり日本語なのです。

  • ベビーカー

これは英語では何と言うのでしょうか?

これらはbuggy, stroller, pushchairなどと呼びます。

pushchairというと、車椅子をイメージするかもしれないですね。

ところが、車椅子はwheel chairと呼ばれます。

  • コンセント

consentは英語では「同意」という意味で、日本のコンセントとは別物になります。

ご存知の方も多いと思いますが、日本のコンセントに相当するものはplug, outlet, socketといいます。

風邪をひいてdrugstoreに行っても

Can I have a drug for cold?などと言わないようにしましょう。

薬全般はmedicine, またはmedical supplyと言っておくとよいです。

drugはそのまんまドラッグそのもの指してしまいます。これだけは日本語とシンクロしているので覚えやすいと思います。

  • ナイーブ

という単語もありました。

naive と書きますね。

これも、繊細そうなイメージを持つ方も多いと思いますが実際は、半人前とか世間知らず、といったネガティブなイメージで使われるんですね。

決して誉め言葉と勘違いして使わないようにしましょう。

「繊細」と表現したい場合は、sensitiveが適切な表現となります。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました