使える!英語の挨拶あつめてみました。

基本



今更英語の挨拶?

そんなの知っとるわ!と怒鳴られそうですが、改めていろいろ知っておくと仕事上便利だよな~と思い、まとめてみました。

いろいろなところで結構使うんですよね。かくいう私も昔は手持ちのバリエーションが

「ハウアーユー?」

「アイムファインサンキュー」

「ナイストゥミーチュー」

だけという無慈悲な状態。

中一英語の教科書まんまのクッソつまらない王道パターンしか使えていませんでしたorz

調べてみたら、当たり前ですが自分が知っているよりはるかにいろいろなバリエーションがあったので、実際に使いやすそうなものを厳選してみました。

どうぞいろいろなところで使いまわしてみてください~

フォーマルとカジュアルで表現を分ける!

英語でも相手との関係性や立場、温度などで挨拶の表現は変わります。

日本語のように敬語表現がないので、大なり小なり言葉を変えて対応します。

ただ、変わらないものもあります。

たとえば、皆さんおなじみの

Hello!

まずこれを知らないといけませんね。

この”Hello”はformalでもcasualでもどちらでも使えます。便利。

Nice to meet you!

これもNeutralな表現でformalでもcasualでも不自然になりません。

まずご挨拶!

Good morning!

Good afternoon!

Good evening!

これらはフォーマルな表現3兄弟です。ただ使うときの時間帯に注意が必要ですね。

何時までがGood afternoon!で何時からGood evening!かは人や国にもよるので、

外が暗くなったら、または17時以降はGood eveningにするなどと自分で決めておくとよいでしょう。

これらのCasualな表現としてはMorning!やhi!などが使われます。

Good night!

これはみなさんもご存じのとおり「おやすみなさい」という意味で使われますね。

ほかに退勤時に「おつかれさま!」という意味で使うこともできます。

Good day!

これは注意が必要です。

オーストラリアでは、G’day!と短縮形がカジュアルな挨拶として使用されているようですが、英国ではバカ丁寧で古臭い、と容赦なく敬遠されているので、国によって違うものはなるべく使わないほうが無難です。

続けてNice to meet you!

Nice to meet you!

上述の通り、Neutralなので初対面時はいつでも使えます。

これに

Very nice to meet you!

と、Veryを追加すればもっとformalにすることもできます。

また、初めてメールする相手には

Nice to e-meet you!

と書くと解ってもらえます。

Nice to meet you!の返しとしては、And you!またはNice to meet you too!ですね。

ついでに

Welcome to Tokyo/our office/this school!

と付け加えてもGood!です。

Welcome!だけよりWelcome to XX!のほうがより親しみが感じられるのでお勧めです。

次は、名乗る!

初対面の場合、次はまあ、名乗りますよね。

もう名乗る必要のない状況下なら読み飛ばして、次の「ご機嫌をうかがう!」に進んでいただいても結構です。

まず一般的なものとして、以下になります。

I am XX(名前)

I’m XX(名前)

名前のところはFirst nameでもSir nameでもいいですが、これから一緒に働く、などの長い付き合いになりそうなときは、

I’m Tomoaki. Just call me Tomo.

とか、呼びやすい名称を付け加えてあげるといいですね。

日本人の名前は母音が多くてどうしても長い印象を与えてしまうので、短めのニックネームを考えておくとよいです!

次!

My name is XX(名前)

これもフツーに使えます、もちろん。

顔が見えない電話やメールの時はこちらを使いましょう。

対面でのご挨拶では前述のI am/I’m XXが自然です。

また、

This is XX(名前)

も耳にしたことがあるかもしれませんね。

こちらも電話で使う表現です。

また、自分の紹介の後に相手の名前を聞くときは、

And your name is … ?

と聞くほうが、

What’s your name?

より礼儀正しい印象を与えるのでお勧めです。

ご機嫌をうかがう!

うかがうんですよね、いつでも。

とりあえずよく使うので、何パターンか知っておきましょう。

フォーマルな表現

上司やクライアント、先生やあまり親しくないご近所さんに会った時などはこちらですね。

Are you well? 

How are you today?

聞かれた時の返しとしては、

I am very well thank you!

Very well, thank you.

あたりでしょうか。

カジュアルな表現

What’s up?

How are you doing?

How’s everything?

How’s life? (これはしばらく会っていない相手にも使えます。)

How’re you feeling?(今日の体調や講演、プレゼン前の人に聞くときに使えます。クリニックなどで医者に聞かれることも。)

返しとしては、

I’m doing well. How are you?

Doing well!

Well, thanks.

I’m OK.

I’m pretty good!

Not too bad, thanks.

などなど。

カジュアル表現では、How’sやHow’reと短縮形を使うとネイティブ感が出せてお得です。フォーマルでは短縮形を使いません。

また、ネガティブな返しをしたくなる時でもNot too bad, thanks.くらいにとどめておきましょう~

本気で心配されてしまうので自己フォローがめんどくさくなります~

あ、それから、返しの後には必ずAnd you?と聞き返してあげましょう~

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました