Just another WordPress site

fudge

未分類

占いとの向き合い方

更新日:

ちょっと自信が欲しいとき、ほめられたいとき

 

突然ですが、落ち込んだり凹んだりと、ちょっと自信を失いかけたり元気が出ない時、どうしていますか?

たとえば、日常が平凡すぎて何の刺激もないとき。

停滞感や「このままでいいのだろうか」な焦りを感じるとき。

はっきり凹む体験をしたとき。

誰にでもあると思うんですよ。

カラオケに行ったり、バッティングセンターに行ったり、ゲームやショッピングあたりが王道のストレス解消でしょうか。

ちなみに私はネットの占いを訪ねます。

占い=宗教=オカルトみたいに思われる方もいらっしゃるでしょう。

いやいやいやいや、ちょっと待ってください。

自分にとっての占いの役割は自分で決めていいんですよ。

ありがたく押し頂いても、取り込んで利用してもどちらでもいい。

占いをする人の心理として、自分の知らない自分のいいところを知りたい。

目的があって、今後どうなるか客観的な予想や指標が欲しい。

すべきことがあるなら提示してほしい。

そんなところでしょうか。

しかし実際その背後には、「自分のいいとこに目覚めたい」「ほめられたい」という心理があります。わざわざいやなとこにフォーカスしたくないですからね、自信つけたいときに。

基本的にいいとこだけを信じようとする無意識を利用する手法になります。

 

「思い込み」は悪いことばかりではない

 

この方法が有効なのは、自信をつけたいときです。

悪いこと言われてそのまま受け取ってさらに落ち込む人には向きません。

言われていることが本当かどうかから疑うような人も精神的な疲れを自ら背うことになるのでおススメしません。

むしろ

・いい方に自分をダマす

・本当かどうかは関係ない

・それを「本当」にしていけばよい。

と考えられる人には極めて有効です。

私はこの方法で思いっきり虚勢を張って生きてきました。

いいことだけを受け入れてそれを踏まえて生きてるうちに理想像に近づいていく効果を知ったからです。

たとえば、昔の無料占いの結果が以下です。

誕生日だけで占う、汎用性の高い、全く私だけに向けられた分析内容ではないにも関わらず、ふまえて思い込むことで、占う前よりは確実に以下の人物像に近づいています。

「あなたは世の中のさまざまな物事に興味関心を持つ、好奇心の強い人。
幅広い趣味を持ち、手先が器用でセンスもいいから、
文字通りの「多芸多才な人」として注目を集めているはず。
そんなあなただからこそ、小さな努力を怠らないで欲しいんだよ。

あなたはどんな時でも心の余裕を忘れず、
周囲の人々に優しさを示すことができる。
毎日の積み重ねと集中力を忘れなければ、
好きな道を堂々と歩んで行けるからね。

あなたは頭のキレが良く、芸術的なセンスも抜群。
多芸多才で機知に富むあなたに、憧れている人も多いんだよ。
贅沢ができるかどうかはさておき、「衣食住に困らない」という
恵まれた運勢を持っているから、気持ちに余裕があるんだね。

実はこの「余裕」が、周囲の人々に対する気前の良さや、
面倒見の良さに繋がっている。
余力があるからこそ、困っている人々に手を差し伸べることができるんだよ。

そんなあなたが困難に見舞われた時は、ちょっと気持ちを引き締めて、
集中力を高めることが大切。興味関心の幅が広く、多趣味なあなたは、
つい他のことに気を取られてしまいがち。
コツコツ努力することを忘れなければ、
持ち前の才能を十二分に活かすことができるよ。」

ポイントは「本当かどうか」ではないんですね。

自分がそう思って生きていれば自分にとって真実になります。

こーゆーのをいくつかお守り代わりに持っとくと助けられます。

見返すたびに刷り込まれますんで。

背伸びすることのメリット

 

自分で選んで受け入れたものが虚勢を虚勢でなくします。

自分がどういう人間でありたいかが見えてきます。

慣れてくれば、はじめは「こんなことできない、こんな人間になれない」と思っていたことが「できないわけがない」に替わっているんですよ。

これが私の考える占いの利用法です。あくまで主体的に信じたいことだけを信じて自信をつける道具に利用するんですね。

無料で楽しめるものもいっぱいあるので、タダで自信をつけさせていただきましょう。

 

-未分類

Copyright© fudge , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.