Just another WordPress site

fudge

未分類

習慣をつくるということ 2

更新日:

「都会の喧騒を映すアスファルト(フォトモンタージュ)都会の喧騒を映すアスファルト(フォトモンタージュ)」のフリー写真素材を拡大

前回の続きです。

To do リストをつくったら、漏れがないかも確認します。

これをもとに優先順位をつけるから、漏れがあるとやっかいなんです。

漏れてるといろいろ狂うので、定時退社が難しくなったりします。基本定時で退社したいので、すべきことを最低限のリソースでいかに回すかを考えます。

キモは、簡単に終わるやつから手を付けることです。それにより終わった感が増していくのでサクサク終わらせる快感が味方になってくれたころに重ための課題に入って行きます。仕事モードがいいかんじでターボかかってくるので、向き合い方が上手くなっているのでしょう。重ためのタスクは初っ端にやるより断然中盤~後半に手を付けたほうが、作業効率はいいようです。

ほとんど定時退社は無理なんですが、こんなかんじでやってないといつのまにか残業組に入ってしまうので一大事です。なるべく組員になるのを免れるように配分しつつ、定時になったときにひと段落ついていたら、次の日のTo doリストつくってその日はもう帰ります。

乗る電車も18時に上がったらこれ、18:30ならこれ、19:00なら・・・とほぼ決まってますのでいちいち時刻表を見ないで済むように逆算してオフィスを出ます。

帰りの電車でブログネタを考えて、疲れてるなーと思ったら仮眠を取ります。たまに本気で寝てしまい、惨殺死体のようなありえない角度で目覚めたこともあります。

帰宅したら週末、飲み会のとき以外はお酒をやめました。代用品のノンアルコールがおいしいので不満はないですキッパリ

以前はなんというか、朝はお菓子だけ、とか通勤電車もくだらないサイト見てたり、仕事もやりたいものだけやってたりと、もっと無計画で行き当たりばったりで不規則極まりなくどーしよーもないメンヘラな汚物みたいなライフスタイルだったんですよ。ですが、すこしずつ習慣化することで、体調やメンタルが安定してきたように思います。ルーティン化すると、ムダに思考せずにやることだけに集中できますよね。脳の疲れ方が変わりました。

疲れは脳が勝手に判断して作り出した状態だの、脳が疲れているだけで体は疲れてないだの、もっと言えば「錯覚」みたいなもの、といいますしね。それを「疲れ」と呼ぶかどうかは自分で決めればいいんですよ。休みたければ、「疲れた」のほうを選べばいいし、頑張りたければ「錯覚なんだ」と思えばいいんですよ。

寝る時間と、ブログに集中する時間も決めたいのですが、これは難しいですね。

もっといろいろいい習慣を取り入れて効率化したいのですがすこしずつ、いやにならない頻度で生活に組み込んでいければと思います。

 

 

-未分類

Copyright© fudge , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.