Just another WordPress site

fudge

間違えやすい単語

なんとなく使ってました…amount, number, quantityの違い

投稿日:

英語では数えられるか、数えられないかでa,anまたはa pair of, a cup ofなどと名詞の前につく冠詞が変わる。

もしくはまったく付かないものもあり、これらの「量」を伝えたいときにそのことを把握していないといろいろメンドクサイ。

名詞には、ひとつ、ふたつと数えられるもの、200gの、とか、コップ1杯の、とか対象となるものの単位でしか数えられないもの、もうまったく数えられないものがある。

amount

量(計量の単位で数える)

amountは通常、不可算名詞(water, moneyなど)と一緒に使用する。ofが続くことが多い。

amount of paper: 大量の紙

amount of water: 水の量

amount of time: 時間

amount of food: 食品の量

amount of money: お金の量

amount of flour: 小麦粉の量

amount of peopleとはあまり言わないので注意が必要。

上記に挙がっている通り、個数で数えるのではなく、量るものに対して使用する。

なので、one waterとか ten foodとかは言わず、以下のように言う。

a glass of water → amount of water

a box of food → amount of food

この場合、量る単位である a glass of のglassや、a box ofのboxなどが加算名詞なのでこの単位でもって数える。

three glasses of water

two boxes of food

 

達する、(総額)~になる

このamount、動詞としても使える。

toが大抵続く。

The bill amounts to nearly €60-

Her daily salary amounts to about $100-

Total expenditure on this big project amount to million pounds.

このamount, ちなみにbecomeで言い換えることもできる。

 

 

number

数、個数を数える

numberは通常、可算名詞(notebook, orangeなど)と一緒に使用する。こちらもamountと同じようにofが続くことが多い。

number of cars: 自動車台数

number of bottles: 瓶の本数

number of houses: 住宅件数

number of cities: 都市数

number of children: 児童数

上記でamount of peopleとはあまり言わないと書いたが、number of peopleが文法的には正しい。

にもかかわらず実際はamount of peopleという間違った用法が一般的になっている。カジュアルな席でさくっと使う分にはよいが、試験や、フォーマルな席では封印しよう。

 

番号を振る、数える

amount同様、numberも動詞としても使える

She numbered all of the pages. (彼女は全ページに番号を振ってくれた)

The protesters on the street numbered in the thousand.(通りの活動家は千人に上った)

 

quantity

最後のquantityだが、こちらは万能なことに加算名詞、不可算名詞両方に使用できる。

迷ったらquantityを使用するとよい。

amount、numberに比べてフォーマルな印象があるので、公式文書やビジネスで多用される傾向がある。

 

いかがだっただろうか。

このへんは別記事でさらに掘り下げてみたいと思う。

-間違えやすい単語

Copyright© fudge , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.