Refuse, Decline, Reject, Deny の違い

間違えやすい単語

Refuse

特定の状況/原因を感情的に受け入れようとしないことを指します。

依頼されたりしても、それをしない、あるいは受け取らないときに使用されます。「reject」「decline」と似ていますが、より感情的、かつ頑固で絶対的な意味になります。

だいたい提案をする段階で個人にせよ、社全体にせよそれは最終的な判断結果で最終的なものです。

その最終判断である提案を「refuse」されちゃうともう提案者はあきらめるしかない気になりますね。しかし、提案を「decline」した場合は、より中立的、かつ婉曲的になり、もしかしたら、より魅力的な条件に変更して再度提出することができる可能性があったりします。

また、個人的な意味では、何かを断る場合は、自分の意志の行使と頑固さに焦点が当てられます。

言うことを聞かない2歳児がまさに「refuse」のイメージとして最適という感じでしょうか

  •  I refuse to talk to him because he told lies about me.(彼が私について嘘をついたので、私は彼女と話したくありません。)
  • My daughter refused to leave her room, even when we offered her ice cream.(せっかくアイスクリームを買ってきたのに、娘は、自分の部屋から出たがらないんです)
  • My son refuses to clean his room.(息子は自分の部屋を掃除したがらないんですよ)
  • He doesn’t refuse to see me; he is just conveniently “out of the office” whenever I appear.(彼は私に会うことを拒否しているのではなく、私が現れるたびに都合よく「外出」しているだけです。)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

Decline

丁寧に断るときに使います。

I was offered the position, but I declined.
ここで「rejected」を使用しても問題ないのですが、「declined」のほうが中立的で礼儀正しい表現なので、ビジネスではこちらを使うとよいです。

断るとき、どう思われようが絶対嫌だ、というときや、断りたいわけではないが受け入れるには状況的に難しい、などいろいろあると思います。

そんな中でも、断る必要があるが相手を傷つけたくない、今後の人間関係に障りそうでめんどくさい、あるいは私の意志ではないがやむをえない、などというときは「decline」を使用するとよいでしょう。「reject」や「refuse」ほど強さや鋭さがなく、上品に断ることができます。まあ、結果は同じなんですけどね。

  • My mother declined to go on the trip as she was busy.(母は忙しいので旅行に誘ったが断わられた)
  • If you try to exceed your credit limit, your transaction will just be declined.(クレジットの上限を超えて使用したくても決済は拒否されるよ)
  • I declined to give my personal details to the customer services operator.(担当者に自分の個人情報を渡すことを拒否した)
  • What are the reasons behind a work permit visa declined?(労働ビザが却下された背景には何があったのか?)

1か月で最大300レッスン聞き放題!NOVA LIVE STATION

Reject

ある考えや依頼を受け入れないという意味で使用します。

「refuse」が感情に従った結果の拒否という意味合いが強いのに対し、「reject」はより論理的に何かが不適当、価値がない、間違っていると判断されたから、という場合に多く使用されます。

基本的には何かに対して「No」と言っていることを意味するのは同じですね。

ビジネスの提案、結婚の提案、ランチや週末の旅行への招待などを拒否するときに使用できます。

他の人の意見、アイデアや提案を拒否するときなどにも使えます。

まあ、相手を傷つけるリスクもあるし、あまり多用すると相手を尊重しない人と認識されることもあるので慎重に使いたいワードですね。

  •  I don’t reject your proposal outright; I just think now is not the time to discuss it.(私はあなたの提案を完全に却下したわけではないですよ。今はそれを議論するときではないと思っただけです)
  • You should’ve rejected such an unfair proposal.(そんな不当な提案なんか拒否すればよかったのに)
  • The plan was rejected as being impractical. (その計画は実現性に乏しいということで却下されました)
  • He was rejected because his health condition was poor.(彼は健康状態が良くないので不合格になった)

マンツーマン英会話【GABA】

 

Deny

「否定する」という意味で使われることが多いですが、単に「何かに”No”と言う」という意味で「Refuse 」や 「Reject 」の代わりに使うこともできます。

「防止する」という意味が強いですね。

  • If you ask, I will deny your unreasonable request. (もしお願いされても、私はあなたの理不尽な要求を拒否します)
  • The government denied the terrorist’s request for asylum.(政府はそのテロリストの亡命要求を拒否した)
  • The boss denied my request for a new computer. (上司は新しいパソコンの貸出依頼を却下した)
  • Access denied. (アクセスは拒否されました)

 

いかがでしたでしょうか。

今日はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「純ジャパ」の効率的な学習方法【JJ ENGLISH エクササイズ】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました