Responsibility, accountability, liabilityの違い。

間違えやすい単語

今日は「責任」を意味するresponsible, responsibilityを弄んでみましょう。

英語を使って仕事をする、または海外に住む予定がある人は避けて通れない単語です。

全く新しい英会話スクール「アクエス」

responsibility(名詞), responsible(形容詞)

responsibility = 責任、義務

複数形はresponsibilities

responsible = 責任をもつ、責任を負う、責任能力がある、信頼できる など。

responsible group/responsible department: 担当部署

英語の同義語(synonym)としてdutyやobligationと一緒に覚えておくといいかもしれませんね。

例文: The landlord is responsible for all repairs to this property. (大家はこの物件のすべての修理に責任を持つ)

Drink responsibly. (節度を守って飲みましょう/よく缶ビールの側面なんかに書いてある)

responsible for ~で~責任を持つというイディオムになります。

また、take responsibility forと言い換えることもできます。

Parents are always responsible for their child. = Parents always take responsibility for their child.

(親は子供に対し、常に責任を負う)

ちなみに、”You are not responsible.”という場合、「あなたのせいじゃないよ」と「無責任だな」のどちらになるでしょう?

答えは両方解釈可能なのです。

「あなたのせいじゃない」と言いたいときは、

“You are not responsible, it’s not your fault.” (あなたの責任じゃないよ。あなたのせいじゃないから。)

“You are not responsible, you can’t help yourself.” (あなたの責任じゃないよ。どうしようもないよ。)

というふうに、強調する表現と一緒に使うとより分かりやすくなります。

逆に「無責任だな」と言いたいときは、

“You are not responsible person aren’t you?” (無責任な人ですねえ。)

とやはり補う言葉(ここではpersonにあたる)と一緒に使えば、まず誤解は避けられるはず。

または誤解の余地すら与えず、無慈悲にざっくり

“You are really irresponsible, aren’t you?” (ほんっとに無責任ですわー)

とdisってあげれば問題ないです。

事と次第によってはアタマ部分の「ir」は「irrrr」くらい巻き舌でもいいかもしれませんw

無料体験レッスン実施中! 言語を学びたい・話せるようになりたい方は無料体験レッスンへ

accountability

はい次。

accountabilityもやはり「責任」という意味で使用されるのは同じです。

responsibilityと比較して違うところは、「責任をだれかと共有できない」ことですね。

また、accountabilityは過ぎたこと、起こったことにフォーカスして使用されます。

不祥事や何かが起こって、「責任者」という役割の人が引き合いに出されるときに活躍する言葉で、「説明責任」などと訳されます。何か壊したりしたとき、またはこれから理解を得なければならないことをアナウンスするときに、ちゃんと責任を引き受けて説明責任を負うことですね。もちろん、それによって罰を受ける可能性もあります。ちなみにresponsibleはこれから起きることに責任を持ちなさい、的な前向きでポジティブな意味になります。

例文:A government has accountability for decisions and laws affecting its nations.(政府は国民に影響を及ぼす意思決定と法律に対して説明責任を負う)

An individual has accountability for acts and behaviors meanwhile.(一方、個人は行動や行動に対して説明責任を負っている)

liability

liabilityは「責任」は「責任」でもネガティブな文脈(context)で使われます。

負債とか賠償などの「責任」を意味する、主に法律や裁判などで使われる表現です。

financial liability = 借金の返済責任

liability insurance = 損害賠償保険

例文: If you cause a car crash, you will be liable for all the damage.(自動車の事故を起こしたら、賠償責任を負うことになる)

The chairman was personally liable for the company dept.(会長は会社の借金の返済責任がある)

日本語だと「責任」のひとことだが、英語はさすがに微細な違いで言葉を分けてしまうあたりに闇を感じますね。

使い分けの重要性が訴訟社会の悲哀を訴えているようで、なんかあまり見習いたくないと思ってしまいます。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました<(_ _)>

無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul

コメント

タイトルとURLをコピーしました