似てるけど、どう違うんだっけ?な英単語1

間違えやすい単語

about vs approximately

どちらも「約」、「だいたい」という意味で使用されます。

辞書にもそれぞれ、「約、およそ、~くらい、ざっと、~前後」とほぼ同じことが書いてあるんですよね。

about

aboutのほうがざっくり不確かな場合が多いですね。

  • Now we have about ten clients. (顧客数は大体10社あります。)
  • She will arrive here about noon tomorrow. (彼女は明日のお昼ごろ到着予定です。)
Approximate

一方でapproximatelyのほうが、かなり計算された数値を表すことが多いです。

  • Can you give me the approximate cost of the repair? (修理費用はどのくらいになりますか?)
  • The next bus will depart in approximately 5 minutes later. (次のバスは約5分後に出発します。)

ただネイティブすらその線引きはあいまいなので、個人の感覚で決めていいんじゃないかと思います。

anticipate vs expect

Anticipate

anticipateは心待ちにしたり、相手がどう動くかを読もうとしたり、と期待度が高めな時に使います。

何かが起こると思われるので、そのためにアクションを起こしたり、備えたりするイメージです。

  • As long as following the timeplan, we anticipate we should have the project completed by 21 Oct.
Expect

もっと一般的でカジュアルな表現です。話し言葉ではほとんどこちらで問題ありません。

期待する、仮定し疑わないなど、具体的な予想や期待があって外れると驚くようなときに使えます。

  • She is expecting.(彼女は妊娠している)
  • The next train is expected to arrive in 15 mins. (次の電車は15分後だろう。)

stationary vs stationery

Stationary

固定されたもの。動かないもの。変わらないものを指します。

fixedと同義語ですね。

  • If there’s a stationary point you could tie your bike on to, all the better. (どこか自転車をつないでおけるといいんだけどね)
  • This is like a stationary bike at the gym. (これなんかジムにある動かないバイク(型エクササイズマシーン)みたい)
Stationery

文房具全般。鉛筆、消しゴム、定規、セロテープ、糊、ホチキス、はさみ、ナイフ、ペン、絵具などの総称です。

  • That stationery shop has been closed last year. (あの文房具屋は去年閉店したね)
  • Excuse me, where is the stationery corner? (文房具の売り場はどちらですか?)
  • Lots of own stationery is required when primary school starts. (小学校が始まる前には自分で文房具を揃えなければならない)

pupil vs student

Pupil

複数形:pupils

小中学生を指します。(主に英国で使われる)

  • The pupils in the primary school went to a school trip (小学校の生徒は修学旅行に行った)
Student

高校、大学、またはさらに専門機関に行っている学生/生徒のことを言います。

こちらのほうが万能に使えます。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

コメント

タイトルとURLをコピーしました